派遣社員とアルバイトの違い

派遣社員とアルバイトの違いについて

派遣社員とアルバイトの違い

 派遣会社とアルバイトは全然違います。派遣社員は派遣されてはいるもののちゃんとした社員です。ですから社会保険も任意で入れますし、時としてボーナスもでます。アルバイトは1日2日でクビになる可能性もあるかもしれないですが、派遣会社の場合は1ヵ月や2ヵ月単位の契約になります。なので、突然辞められてもこまりますし、辞めるときは1ヵ月前に会社に連絡しなければなりません。派遣会社はよく芸能事務所に例えられます。それに伴って経験値も貯まりますし、頑張って続けてさえいれば新たなステージへと進むことも可能です。立場としてはアルバイトよりも確実に上です。しかし、派遣会社には長くて3年以上同じ部署で仕事を続けることができません。異動すれば3年以上働くことは可能ですが、確実に身を削ることになるのでオススメはしません。アルバイトはその点については自分が頑張りさえすればエンドレスに働き続けることも可能です。派遣会社の場合は何か問題が起きたときに担当者が間に入ることがよくあります。マネージャーみたいな人ですね。雇用契約もその人を介して結びます。自宅が職場との距離がある場合には社宅が提供される場合もあります。というよりはその場合がほとんどかもしれません。不安であれば、こちらの派遣会社の選び方を参考にすると良いと思います。会社としてもあまり距離がある場合不安になりますからね。

派遣社員よりアルバイトの良いところ

 派遣会社はその名の通り、経験値によって自分を強化していくシステムがあります。派遣会社のほうがまとまったお金になるかもしれません。例えば、ファミレスのバイトが月10万なのに対し、派遣の工場での仕事は月20万くらいです。もちろん頑張って40万くらい稼いでいる人もいます。能力に応じ、稼ぐ金額は人それぞれによって様々です。ですが会社としては確実により多くの仕事をこなしてもらってガンガン稼いでくれる人を求めます。それに伴って人間関係も良くしてもらって、楽しんで仕事をしていければより活躍していけるでしょう。ですから派遣会社としてハマっていければこれほどやりがいをもって仕事をしていけるポジションはありません。周りの人も優しく教えてくれる人ばかりですし。アルバイトは確かに気軽に働けるのかもしれないですが、派遣会社はそれよりは一段上がったという感じはありますが、アルバイトよりは待遇はいいです。なので、アルバイトをするよりは派遣会社に登録するということが先ず選択肢の一つに入ってくると思います。まあお金を貯めるための一つの方法ではありますし、正社員になるよりも敷居は低いのでちょっとした気軽さもあります。また、アルバイトよりは技術もスキルも身に付くと思います。仕事の内容はアルバイトよりも単純なものの場合が多いですが。

アルバイトより派遣社員の良いところ

 アルバイトのほうがやっぱり気軽さはありますし、派遣会社のほうは1ヵ月または2ヵ月契約になるのでその仕事にはやっぱり責任が発生してきます。工場であれば機械を壊してはいけないし、オフィスであればサーバーダウンさせてはお話になりません。また、仕事に穴を開けられることを派遣会社は極端に嫌います。その点に関してはアルバイトのほうがまだ緩いと思います。時間もアルバイトのほうが短くてカジュアルです。派遣会社のほうが長時間の勤務になりがちです。派遣先の会社の正社員が先に帰ってるのにもかかわらず残業をせがまれたりします。あと場所を借りてるのでやっぱり何かにつけて人間関係がついてまわります。配属された先がチームだった場合チーム単位で動くので郷に入りては郷に従えという感じです。とかく派遣という働き方は人気職という特色が色濃くあります。仕事は本当に自分がやりたいことなのかどうか、稼げる内容なのかどうかを精査する必要があるかもしれません。担当者のいうことを真に受けると不利益を被るかもしれません。派遣っていうだけで馬鹿にされる場合ももしかしたらあります。給料が入るのが遅いです。20日〆の翌月末払いなんてざらです。酷いと2ヵ月遅れで入ってきます。アルバイトのほうが即金かもしれないですね。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ