派遣社員とアルバイトの違い

派遣で働くと、交通費でも有給休暇でもマイナス面がある

派遣で働くと、交通費でも有給休暇でもマイナス面がある

派遣社員として働くと、多くの場合交通費は支給されません。交通費が自腹というのは派遣会社との契約の際に了承していることなので、仕方がないとは思いますが、納得いかないのは、その交通費が非課税にならないことです。確定申告しようにも、派遣社員が交通費を申告できるシステムにはなっていません。医療費控除の申告の場合は、病院までの交通費も非課税額として申告できるというのに!政府は非正規雇用の待遇改善をいろいろ打ち出そうとはしていますが、同一労働同一賃金という前に、同一課税システムにしてほしいと思います。
また、派遣会社によっては、有給休暇を使った場合、賃金を6割程度しか支給しないところもあります。有休を取得した際の賃金は「通常の賃金」「平均賃金」「標準報酬日額」のいずれかと労働基準法で定められていて、全額支払われるのは「通常の賃金」の場合のみ。6割程度の支給でもきちんと計算されて算出された金額ではあるし、法律違反でもないのですが、正社員に対して全額支給しない会社はほとんどないのではないかと思います。この点についても、正規雇用と非正規雇用との待遇の差としてきちんと調査して、派遣社員が不利にならないよう法律上何とかしてもらいたいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ