派遣社員とアルバイトの違い

私が感じた派遣社員として働くメリット・デメリット

私が感じた派遣社員として働くメリット・デメリット

私は新卒から正社員として3年働きました。その後結婚を機に引っ越したため退職し、以後は派遣社員として働いています。
派遣社員として働き始めてから5年以上になりますが、メリットもあればデメリットもありました。
メリットのひとつは、面倒な手続きはすべて派遣会社が代行してくれることです。自分で職探しをするよりも簡単に仕事が見つかり、先方とのアポイントや契約更新、時給アップ交渉も派遣会社が行ってくれます。
そして、プライベートを充実させることができる点も派遣社員の大きなメリットです。正社員と違って飲み会を強要されることはありません。残業もさほど多くなく、自分の時間を確保することができます。
一方でデメリットもあります。その最も大きなものは、正社員よりも不安定な立場だということです。終身雇用ではなく、契約は3か月や6か月更新が基本です。突然職を失う可能性が常に付きまといます。育児休業もほとんどの人が取れず、私は昨年出産を機に契約が打ち切りになりました。幸いにもまた職場復帰をすることができましたが、やはり不安定な立場だと痛感しました。
また、派遣社員は30代までは求人数が多いのですが、40歳を過ぎると職探しが大変になると言われています。
私自身は派遣社員として働くことに今は満足していますが、今後のことを考えると直接雇用の方が良いのではないかと考えています。


ホーム RSS購読 サイトマップ