派遣社員とアルバイトの違い

派遣で仕事をした時の体験談について

派遣で仕事をした時の体験談について

派遣会社に登録をして派遣社員としてメーカーの営業事務の仕事を1年したことがあります。それまでは正社員でしか働いた経験がなかったので派遣社員として働くということがどういうことなのかいまひとつピンときていませんでした。

 

派遣会社から仕事を紹介されて、そのまま会社に派遣会社の営業の方と一緒に面接に行き、そのまま採用という手順でかなりあっさりと仕事が決まったという感じで驚きました。

 

いざ派遣社員として働き始めると、結局は雑用係といった色合いが強くて正社員が面倒な仕事が全部回ってくるというような感じでした。残業はそれほどありませんでしたが、9時に出勤してから夕方6時に退社するまでの間は、本当に目が回るほど忙しくてすべてその日の就業時間内にこなさなければならないのがプレッシャーで大変でした。

 

見方によっては、正社員よりも忙しく働いていたような気がしていました。それなのに時給はわずか1200円というものでしたので本当に割りが合わないと思いながら働いていました。

 

1年ほどで契約更新の時期になった時に私は更新をお断りしてもっと時給が良い派遣先を紹介してもらおうとしたのですが、結局は派遣会社から紹介される仕事はどれも似たり寄ったりのものばかりでした。

 

派遣社員としてしっかり稼げる人というのはそれなりのスキルや技術、資格がある人だとはっきりとわかった出来事でした。

関連ページ

私の派遣社員体験
派遣会社で務める派遣社員とアルバイトの違いについてお伝えします

ホーム RSS購読 サイトマップ